計画地は仙台市南西部

南側に既存の建物があり、夏場は一階に日が差し込む

が、冬場は角度の関係できつい。

そこで、階段吹抜けの上部から光を落とし入れ、下のダ

イニング、キッチンに拡散させている。

その為、一部廊下部分は格子床としており、その隙間か

ら自然光が降り注ぐ。

リビングは施主の要望もあり2段下がったダウンフロア

リビングとなっている。

1階はほぼLDKのパブリックな空間で一筆で繋がって

いるが、中央に階段を配置することにより、空間的な干

渉地となっている。

おかげで、このリビングは一度座り込むと、どこまでも

まったりしてしまいそうになる。

 

2階に風呂を配置し、階段から上は完全なプライベート

な空間としている。

​廊下をそのままファミリークローゼットとしているた

め、脱衣室兼洗濯室からの導線がシンプルで使いやす

い。

仕上げは天井はラワン合板目透かし貼り、床は1階はナ

ラ、2階はブラックチェリー

KW house
​ダウンフロアリビングのある家
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom